テレビ・音響機器のお話

使い続けられる丁度よい大きさBRAVIAシリーズ「KDL-32J5」

今使っているのは、ソニーBRAVIAKDL−32J5の32型です。

当時部屋には箱型テレビしかなく、液晶テレビを買うことにしました。

初めて液晶テレビを買うので何がいいかわからず、店員さんと相談しながら買いました。

ブラビアKDL-32J5を購入したのは2009年の12月ごろ

購入したのは2009年の12月ごろでした。

近くの電気屋さんに何度も足を運び、何が一番いいのかとても吟味して、約6万円のBRAVIAシリーズを購入しました。

いつもテレビを見ている時間帯としては、19時〜22時が一番多く、とりあえずつけておくような感じでつけています。

このテレビには録画機能など付いていなかったのですが、合わせてブルーレイレコーダーと一緒に購入していたので、特に気にはしませんでした。

ブラビアKDL-32J5の便利な機能は、視聴予約と2画面操作

一番便利な機能で、視聴予約と2画面操作は役に立っています。

欲張りな私は、見たい番組がかぶったりすると2画面にしてよく見たりしていました。

以前使っていたのは箱型だったので、液晶にしてから断然使いやすくとても気に入っています。

 

よくというより毎日利用している機能は、やはり番組表でしょうか?

これまで新聞を開き、何をするか確かめてという手間が省けたのはとても嬉しいことでした。

 

テレビを買い換えるなら、私はまたBRAVIAシリーズの今CMもしている4KのX9300Cシリーズも気になりますね。

今は画質も音響もかなりのハイスペックになってきて、どこのメーカさんでも期待が待てますね。